PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Sandy OC報告&HDD分解

みなさん、お久しぶりです。
1月下旬無事に高校生活最後となる学年末考査が終了しました。

そして、Sandy Bridge i7 2600K
のOC報告の方をしていなかっため、スクショの方のせたいと思います。
まず、Z68チップセット導入当初に多少OCしてみたものがこちら

2011y06m15d_183708691.gif  ベースを変更しず倍率を45倍にあげてみました。
100Mhz×45 = 4500Mhz
こちらは5GHz越えを目指してOCしてみました。

2011y11m23d_165205420.jpg
101Mhz ×50 = 5053Mhz



ここからはちょっと話題が変わってHDDの分解です。
使っていたHDDのうち一台が長年の使用からそろそろ寿命を迎え、エラーが出てきたので
交換しました。
以前使っていたもの、そのまま捨てるのももったいなかったため、
分解してみました。
DSCN0527_2.jpg ←分解前の状態

DSCN0538_2.jpg まず、HDDのまわりにあるねじを外すのですがこれがまた一般的なプラスやマイナスではないのです。
ちょっとみずらかもしれませんが見えるでしょうか、この星形をしたねじを

DSCN0540_2.jpg トルクを使用し、HDDの蓋を開きます。
そしたら、丸い円盤のような形をしたプラッタ、アームなどが見えます。

 そしてHDDの中に入ってる超強力な永久磁石を取り外します。 
これはふつうのはずすのはほぼ不可能なため細い金属の棒などでてこの原理を使って外しました。
外したアームがこれ↓
DSCN0574_2.jpg
アームの根元にはエナメル線らしきものが巻かれていました。
永久磁石の間にエナメル線らしきものをまいた電磁石が
モーターとよく似た原理で動いたことが読み取れます。

プラッタもはずしたかったのですが、回転して、トルクねじが回せない
何度もやっているうちに一つねじ穴がつぶれてしましました。
DSCN0575_2.jpg

そしてプラッタを除きはずせるところまで外したのがこれです
DSCN0578_2.jpg

2TBのHDDのなかに4枚にプラッタ
つまり1プラッタあたり500GBになりますね



















スポンサーサイト
[ 2012/02/05 16:19 ] 日記 | TB(0) | CM(1)

No title


久コメです♪w

心配かけちゃってすみません><!!!

ゆりも早く卒業したいです!!!
彼氏の顔もぉ見たくないです…

機械の中ってやっぱりこんなに
複雑なんですね><!!!
[ 2012/02/11 16:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://holmes5867ppoe.blog109.fc2.com/tb.php/73-76c57b3e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。